本当に果的な宣伝とは?テイクアウトの告知チラシに入れるべき5つの情報

本当に果的な宣伝とは?テイクアウトの告知チラシに入れるべき5つの情報

2020.11.05

感染拡大防止の観点や新しい生活様式に合わせて、テイクアウト(お持ち帰り)を始める飲食店が増えています。

テイクアウト(お持ち帰り)を新たなお店の収益源として伸ばしていきたいと考えているオーナー様も多いのではないでしょうか?

そんな中で、多くの飲食店が抱える問題がテイクアウト(お持ち帰り)を始めたものの売上が伸びないことです。

まずは、テイクアウトの告知チラシを見直して、テイクアウト(お持ち帰り)の利用ユーザー増加に向けて動いてみましょう!

効果的に宣伝しよう!テイクアウトの告知チラシに必要な5つの情報

「テイクアウトはじめました!」という告知が書かれたチラシの配布や店内掲示を行っている飲食店が多いですが、実はこれだけでは売上が伸ばしにくいのが事実です。

テイクアウト(お持ち帰り)を始めたことをお客様に周知することはもちろん大切ですが、せっかくチラシを作るなら、実際にテイクアウト(お持ち帰り)の利用のきかっけになるチラシを作ることが重要です。

今回は一歩先を行く効果的な宣伝ができるチラシに必要な情報をご紹介します。

自社のチラシを見比べて改善してみてください。

また、これからチラシを作成する場合にはぜひ参考にしてみてくださいね。

1.テイクアウトを実施していることがわかる文言

1.テイクアウトを実施していることがわかる文言

まず欠かせないのが、テイクアウト(お持ち帰り)を実施しているまたは開始したことがわかる文言です。

お店に初めて来る人だけではなく、普段から利用している人にも周知できるようチラシでしっかりと告知しましょう。

お店の中だけではなく、店外からも見える場所にチラシを掲示しておくと、普段とは違った客層の人を獲得するきっかけになるかもしれません。

2.お店の基本情報やロゴ

2.お店の基本情報やロゴ

忘れてはいけないのがお店の情報です。

テイクアウト(お持ち帰り)を始めるお店が増えているということは、チラシを配るお店が増えているということでもあります。

お客様が家や会社で見た時に、どこの飲食店なのかがすぐにわかるよう、他のお店と区別化しておきましょう。

テイクアウト(お持ち帰り)の場合は、お店に取りに来てもらう必要があるので、お店の住所もしっかりチラシに記載しておきましょう。

3.メニュー

3.メニュー

テイクアウト(お持ち帰り)のメニューはお客様が購入の意思決定をするときに最も重要視する情報です。

料理やデザートの写真と価格を必ずチラシに掲載しておきましょう。

メニューの写真は美味しそうに見えるもの、テイクアウト(お持ち帰り)専用の容器に入れている様子がわかるものなど、お客様にとって魅力的に見えるよう工夫しましょう。

チラシに掲載できる数は限られているので、商品数が多い場合にはイチオシメニューや人気メニュに絞っておきましょう。

4.予約方法

4.予約方法

テイクアウト(お持ち帰り)の事前予約を行っている場合は、必ずチラシに記載しましょう。

事前予約ができるお店は、家や会社でメニューを選ぶことができ、店内で過ごす時間を削減できるため、お客様にとってはかなり便利です。

電話予約なのかネット予約なのかを記載して、電話番号や予約フォームも合わせて記載しましょう。

ネット予約の場合は、ユーザーがスマートフォンを使用する場合が多いため、読み込むだけでサイトに直接移動することができるQRコードがあると、予約率もアップします。

5.テイクアウト(お持ち帰り)のメリット

5.テイクアウト(お持ち帰り)のメリット

お客様にテイクアウト(お持ち帰り)の魅力を感じてもらえるよう、メリットの部分は必ずチラシに記載しましょう。

「スマホから予約できる」「事前予約で待ち時間なし」「お店で受け取るだけ」など、お客様にとってのメリットは後押しになります。

ただお店の情報を伝えるだけでなく、テイクアウト(お持ち帰り)を利用するきっかけになるチラシを作るためにはメリットは欠かせません。

TakeEatsではチラシを無料配布中!

無料で始められるテイクアウト(お持ち帰り)のモバイルオーダーシステム【TakeEats】では、導入店舗様限定で販促チラシを無料配布中!

お客様に配布するチラシやお店に掲示するポスターを導入時にお渡ししています。

テイクアウト(お持ち帰り)の効率化だけでなく、宣伝や売上げアップのサポートも行っています。

お気軽にお問い合わせください!

©2020 TakeEats(テイクイーツ)|テイクアウト特化のモバイルオーダーシステム