マックやスタバで話題!モバイルオーダーの実際の使用感やメリットは?

マックやスタバで話題!モバイルオーダーの実際の使用感やメリットは?

2021.04.12

マックやスタバなどの人気店で導入されているモバイルオーダー。

最近では、テイクアウトの利用客が増加していることもあり、多くの飲食店オーナーが注目しています。

そこで今回は、実際にモバイルオーダーを使用して、その使用感やメリットをレビューします。

モバイルオーダーの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもモバイルオーダーとは?

チェーン店を中心に導入されているモバイルオーダーとは、どのような仕組みなのでしょうか?

モバイルオーダーとは

モバイルオーダーとは

モバイルオーダーは、スマートフォンやタブレットからお店の商品を注文・決済できるサービスです。

利用客は事前にメニューを確認して注文して決済まで済ませておけば、後はお店で商品を受け取るだけです。

待ち時間を短縮できるためスムーズに食事や買物を済ませることができますし、事前にメニュー情報を見てじっくり選ぶことができるという利点があります。

テイクアウトはもちろん、店内飲食の場合にも利用されることがあります。

これまでにも電話での事前注文を行う飲食店はありましたが、モバイルオーダーを導入することで、利用客はスマートフォン一つで完結できるというスマートさが魅力です。

モバイルオーダーを導入しているお店

モバイルオーダーを導入しているお店

日本国内ではマクドナルド、スターバックス、すき家などでモバイルオーダーが導入されています。

大きな企業では自社で独自のモバイルオーダーシステムを開発し、アプリを提供しています。

また、店舗数の多いチェーン店だけでなく、小規模な店舗でもモバイルオーダーは導入され始めています。

モバイルオーダーは今後成長する可能性大!

モバイルオーダーは今後成長する可能性大!

感染症対策などの観点から導入を検討する飲食店が増えているモバイルオーダーですが、その利便性の高さを実感するユーザーも多く、今後伸びるサービスだと言えるでしょう。

海外では多くの人がモバイルオーダーの利用を望んでいますが、店舗の対応が追いついていない状況が発生しています。

日本国内ではまだまだ導入店舗は少ないですが、他の店舗との差別化を図ったり、売上げアップ施策として導入したりする店舗も増えると考えられます。

モバイルオーダーの市場はどうなる?海外の普及率や今後の動向について

使用感はどう?モバイルオーダーを実際に使ってみた!

実際にモバイルオーダーの使い勝手はどうなのでしょうか?

店内飲食やドライブスルーという選択肢があるマクドナルドでモバイルオーダーを利用するメリットを確かめていきたいと思います。

マクドナルドのモバイルオーダーを使ってみた

マクドナルドのモバイルオーダーを使ってみた

マクドナルドでは公式アプリからモバイルオーダーを利用することができます。

1.モバイルオーダー画面に移動

1.モバイルオーダー画面に移動

サービスメニューの右端に「オーダー」が表示されています。

2.受取店舗を選択

2.受取店舗を選択

オーダーをタップすると、店舗選択画面に移動しました。

スマホの位置情報をオンにしておくと、現在地の近くの店舗を探すことができるので便利です。

お店を探すとメニュー選択画面に進みます。

ちなみに、上部の店舗検索では、エリア名や都市名で検索ができるだけでなく絞り込みも可能です。

検索ボックス右側のアイコンをタップすると、お店の特徴で絞り込みができました。

目的によってお店を探せるのはすごく助かりますね!

3.メニューを選択

3.メニューを選択

受け取り店を選ぶと、そのお店で提供されているメニューの一覧が表示されます。

これは実際にお店に足を運んで見るのと差がなく、単品・セットなども自由に選ぶことができました。

モバイルオーダーでクーポンの利用もできるので、普段からマックを愛用している人にとっても親切ですね。

4.個数を選択

4.個数を選択

メニューを一つタップしてみると、商品説明を見ることができます。

「商品情報詳細」をタップすると、アレルギー情報と栄養情報も見ることができました。

ここから個数を選んでカートに追加または決済に進むことができます。

5.注文内容の確認

5.注文内容の確認

レジに進むをタップすると注文確定画面に進みます。

ここで、受け取り方法と決済方法を選択します。

マクドナルドのモバイルオーダーはテイクアウトだけでなく、店内飲食の事前予約にも対応しています。

時間が無いときや、並ばずに受け取りたいときにはかなり便利です。

下にスクロールすると、決済方法を選ぶことができます。

マクドナルドのモバイルオーダーは事前決済のみ。

これでキャンセルによるロスを防ぐことができているようです。

決済方法を選択して「注文を確定」します。

6.注文確定

注文確定後、このような画面が表示されました。

とにかく簡単。

マクドナルドのモバイルオーダーでは、店舗到着時に受け取りに進むというボタンをタップすることで店舗に通知される仕組みのようです。

できたての商品をすぐに受け取ることができるので、テイクアウトだと冷めてしまうという心配もありません。

店内では画面に表示される番号をカウンターで見せると、すぐに商品を受け取ることができました。

モバイルオーダーの使ってみての正直な感想

モバイルオーダーの使ってみての正直な感想

とにかく便利!

この一言に尽きます。

マクドナルドは店舗数さえ多いですが、人気店のためテイクアウトでもドライブスルーでも列ができていたり、受け取りに時間がかかったりという経験があります。

ですがモバイルオーダーを使えば、空き時間、例えば電車やバスでの移動中や仕事の休憩時間などにメニューを選ぶことができて、しかも決済まで完了します。

人が集まる場所を避けたいご時世にもぴったりだと思いました。

一度モバイルオーダーを使ってしまうと、電話予約や店頭に並んで注文したり支払いをしたりするのが面倒に感じてしまいます。

飲食店利用客の目線ではモバイルオーダーは利便性が高く何度も使いたくなるサービスでした。

お店の規模に関わらず使えるテイクイーツ

マクドナルドは自社開発のアプリでモバイルオーダーを導入していますが、規模が大きくない飲食店ではそこまでの費用をかけるのは難しいですよね。

テイクイーツはお店の規模に関わらず利用できるモバイルオーダーシステムです。

お店独自のモバイルオーダーを初期費用・導入費無料でご利用いただけます。

お客様にとって便利なモバイルオーダーを、ぜひあなたのお店にも導入してみてください。